航務業務

ウェイト&バランス業務

飛行機がより安全にかつ効率よく離発着できる為に不可欠な積載の重量、重心位置をチェックしています。航空機の積載重量には制限があり、旅客、燃料、貨物の搭載物と機体の重量から総重量を算出します。

複数台のモニターをチェックしながら、最適なバランスを計算します。

受託手荷物の個数・重量を最終確認し、各部署に最適な重心位置を報告します。

モニター業務

地上または上空を飛んでいる航空機に対し、上空の揺れの情報を提供したり、フライト中の航空機のポジションと高度の把握をし、到着5分前を旅客部門、整備部門など地上スタッフへ伝える仕事です。国家試験である「航空特殊無線技師」の試験にパスしたスタッフが、無線を通して地上とコクピットとの重要なパイプ役を担っています。

地上または上空を飛んでいる航空機に対し、無線を通じて情報を提供します。